昔はバリウムを使った胃腸のレントゲン検査が行われていました
 が、現在は胃腸の検査といえば内視鏡検査になります。昔は胃カメ
 ラと呼ばれていましたが、現在は精密な電子光学機器に進歩してい
 ます。
  細い管の先にCCDという小型ビデオカメラがついていて、胃の
 中や大腸の中を精密な画像として観察することができます。

※当クリニックでは鼻からの内視鏡や、ポリープの摘除は行っていません。

←内視鏡洗浄消毒装置です。
酢酸を用いて、完全に消毒
殺菌を行います。

  前日の夕食をとった後は絶食です。夜間は水は飲んでもかまいま
 せん。クリニックに来ていただいてから検査となります。
  胃の中をきれいにするお薬を飲んだり、喉に麻酔をします。喉か
 ら、食道、胃、十二指腸と観察して終了です。 検査時間は約3~
 4分ですのですぐ終わります。原則として予約になります。

  前日から下剤を服用したり、事前の手順が少々複雑ですが、
 クリニックのスタッフが丁寧に説明いたします。わからない
 時は何度でも遠慮なく訪ねて下さい。
  検査当日は腸管洗浄剤を大量に服用する必要があります。
 お昼頃にクリニックに来ていただいて、午後2時頃からの検
 査になります。予約検査になります。

▲ページトップへ

  治療薬の進歩も著しいのですが、やはり、糖尿病患者さん
 自身の自己管理がとても大切です。
  当クリニックでは、医師、看護師、栄養管理士が、きめ細
 かなサポートを行い、糖尿病患者さんの治療を支えます。

糖尿病診療機器

血統測定値とヘモグロビンA1c測地器。
[受診当日に直ちに結果が得られます。]

持続血糖モニター機器
 [24時間の血糖を連続記録します。]

▲ページトップへ

クリニックで禁煙

 保険の適用期間は12週間です。禁煙補助薬は貼り薬と
飲み薬2種類のどちらかを使います。それぞれのメリット
デメリットをお伝えした上で選択していただきます。
  息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定し、禁煙の成果
が一目瞭然でわかるようにしています。

健康保険が適用されるには

禁煙治療を受けるための要件4点を満たしていることが必要です。
●ニコチン依存症を診断するテストで5点以上
●一日の平均喫煙本数×これまでの禁煙年数=200以上
●一か月以内に禁煙を始めたいと思っている方
●禁煙治療を受けることに文書で同意

▲ページトップへ